ガラスメーカー求人ナビ

ガラスメーカーへの転職をお考えなら転職サイト!

自動車などの工業製品からスマホのような小型の商品まで、私たちの生活にはいたるところにガラスが使われています。また日本のには世界にほこるガラス加工技術もあり、ガラスメーカーはますます注目されている業界です。

ガラスメーカーの求人を探すならリクルートエージェントがおすすめです。全国から求人が探せる上、求人の動向など一人では調べられない情報まで提供してもらえます。まず登録しておいて損はないでしょう。

ガラスメーカーの求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
就職や転職業界の最大手のリクルートの運営しているサイトです。ガラスメーカーを含め、他のサイトと比較して求人数が圧倒的に多いのが特徴です。非公開求人が実に9万件近くあり、転職エージェントが皆さんの希望する転職先の条件を聞いたうえでその中からおすすめの案件をピックアップしてくれます。場合によっては、求職者が求める以上の提案をしてくれる場合もあります。何十万円単位で収入がアップしたといった口コミも見受けられます。

DODA 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
インテリジェンス社の運営する転職サービスのDODAは、非公開求人の量もさることながら質が優れていると評判です。ガラスメーカーの優良求人も多数含まれています。キャリアコンサルタントは、それぞれの業界専門の方がついてくれ、ガラス業界の実情にマッチした転職活動におけるアドバイスが受けられます。定期的に面接準備セミナーも開催され、面接試験を受けるにあたってどのようなことに気を付けるべきかも学習できます。

マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントはキャリアコンサルタントが業界別の専任制をとっているので、ガラス業界に精通したコンサルタントが皆さんの転職活動をサポートしてくれます。年収をアップさせたいなどの難易度の高い相談にも、転職業界のベテランのコンサルタントが力になってくれます。入職するにあたっての給料を含めた条件交渉もしっかり行ってくれます。ガラス業界に精通しているコンサルタントが担当するからこそ、現実的でできるだけこちらの希望通りのラインで話をまとめてくれます。

ガラスメーカーの求人事情は?

ガラス業界の平成25〜26年の業界規模を見てみると、2兆9767億円を記録しています。近年減少傾向が続いていたのですが、ここにきて持ち直しの兆候が見られています。その原動力となっているのが、ガラスメーカーのグローバル化です。日本の大手ガラスメーカーを見てみると、市場を世界に移しつつあります。その結果、世界的にも高いシェアを占めるようになってきています。たとえば国内最大手といわれる旭硝子は板ガラスの世界では、世界トップのシェアを誇っています。また国内2位の日本板硝子もイギリス大手のピルキントンを買収して、急激に伸びてきています。

特に自動車や建築、スマホ向けガラスの需要が高まっていることも影響しています。特にスマホやタブレット端末のガラスの需要の伸びは顕著です。その他には、エコガラスも注目を集めています。エコガラスとは、断熱や遮熱の効果が高いガラスのことで住宅に使用すると、冷暖房効率を高め二酸化炭素の排出量を抑制できます。また家庭にとっても電気料金の節約効果が見込めるわけです。新築戸建ての住宅のうち、約4割がこのエコガラスを採用していると言われているほどです。このような分野で、ガラスメーカーは成長できる見込みがあります。

このようなガラス業界の全体的な復調傾向に乗じて、転職市場も改善の兆しが見られると言われています。ただし注意したいのは、誰でも彼でも採用してくれるわけではない点です。ガラスメーカーの中でも大手を中心として、求人を積極的に出しているところもあります。しかし量よりも質重視で、厳選採用を実施している所が中心です。ですからむやみに採用情報に応募したところで、なかなか転職先は見つからないでしょう。自分のキャリアの棚卸をして、どこをアピールポイントにするかなどのしっかりとした戦略が求められます。

企業によって、どのような人材を求めているかが異なるのもガラスメーカーの特徴といえます。たとえば生産技術や材料開発、品質管理・保証といった品質向上に関連する部門で募集を積極的に出しているメーカーが一方であります。また他方、設備管理や施工管理といった生産ラインを増強することを目的に、採用職種を変えている会社も見受けられます。また先ほど紹介した、エコガラスのような建築関連の人材募集を強化しているガラスメーカーも増えています。自分のキャリアを生かせそうな職場かどうかを慎重に吟味して、応募するかどうかの判断をした方が良いでしょう。


Copyright (C)2016-2017 ガラスメーカー求人ナビ All Rights Reserved.